こんにちは、民泊先生こと三浦剛士です。

噂では今秋には施行?と言われてた「民泊新法」が今年度は見送りとなり、2017年の通常国会への提出をめざすそうです。
見送りの理由は、年間の営業日数の調整のため。

許可不要で運営出来ることになりそうだったのですから、かなりの人が期待していたのではないでしょうか?
えっ!って思った方いますよね、年間営業上限日数は「180日」だったのでは?と、いえいえまだ決まっていないのです。

旅館やホテルと線引きするために設ける年間の営業日数を何日にするか関係者間の調整が難航しているのが理由とされています。しかしその間にも訪日外国人は沢山やって来ます。新法を待つのか、それとも旅館業(簡易宿所)の許可取得して行なうのか、どちらを選びますか?

旅館業取得のメリットは、集客と1泊から受け入れ可能と365日営業可能です(他にもありますよ!)
2016y09m19d_183602068

民泊投資の参考になったら下2つのボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓