教えて民泊先生!〜合法民泊のはじめ方と運営方法〜

合法民泊のはじめ方や運営方法の情報をすべて公開中! 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

記事

違法民泊として通報されました!

こんにちは、簡易宿所コンサルタントの民泊先生こと三浦剛士です。

大阪市の特区民泊の申請が明日31日から始まります。それに合わせて、違法民泊の取締を本格的に行なう姿勢をとっています。
大阪は、かなりの数の違法民泊があるといわれています。現状、民泊を行なうには、旅館業の許可取得もしくは特区民泊しかないわけですから、まずは法に沿って行なう方法を考えるべきです。
そのためには、今回の大阪市の明確な姿勢には、共感です。

そして、来年さらなる取締が京都で…。

大阪市では、違法民泊施設の取り締まりを強化するため、電話、ファックス及びメールによる「違法民泊通報窓口」を開設します。
 増加する訪日外国人客に対応するため、本市では国家戦略特別区域法に基づく外国人滞在施設経営事業の認定業務を平成28年10月31日より開始し、マンションなどの一室を活用した施設についても民泊営業ができるよう認定することにより、訪日外国人客の滞在施設の受け皿となる制度を実施することとなりました。しかし、旅館業法に抵触する恐れのある民泊が広がりを見せており、民泊施設の近隣住民の方から、ごみの処理方法及び騒音等の不安の声も寄せられています。「違法民泊通報窓口」にいただいた情報を基に、無許可施設等の実態調査及び適切な指導を行ってまいります。
2016y10m30d_234820637
民泊投資の参考になったら下2つのボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓   

「民泊バスターズ」登場!

こんにちは、簡易宿所コンサルタントの民泊先生こと三浦剛士です。

新たな周辺産業の発生ですね。
探偵業を行なっている方が立ち上げたサービスが、「民泊バスターズ」。毎日のようにお問い合せがあるそうです。
違法民泊を突き止めるためには、確定的なる動かぬ証拠が必要です。
さすが、そこは探偵業を営まれているため完全ノウハウがあるので間違いないですね…。
きっと今後の実績が全国地各地に巡って、違法民泊の対策方法の一つとして確率されていくのではと思います。

民泊バスターズ http://minpak-b.com/
logo
民泊投資の参考になったら下2つのボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓      

民泊×世界で最も魅力的都市は?

こんにちは、簡易宿所コンサルタントの民泊先生こと三浦剛士です。

世界で最も魅力的都市は? 1位東京(前年15位)、2位京都(同9位)
何が凄いって、前年からの順位の上がり方が凄まじいですね。

訪日したことがある方が投票したのか、それとも未訪日の方が投票したかによって見え方は違ってきますが、認められたことはプラスです。この様な順位結果は、口コミとなり、訪日への更なる呼び水になることは間違いありませんね。

ただ大事なのは、折角訪日したのに評価と違う!と、ガッカリしてもらわないようにしなければなりません。口コミなどの評価は、良くも悪くも確実に影響します。
高評価を得る、そのためにしっかりと準備をしていきましょう!
そのためには、、、。


米旅行専門誌の「コンデナスト・トラベラー」は1、読者投票による「世界で最も魅力的な都市」の結果を発表し、米国以外の都市を対象とした部門で1位は東京(前年15位)、2位は京都(同9位)と日本の都市が並んだ。他の米旅行誌の読者投票でも京都が1位に選ばれ、日本観光の人気が裏付けられた形だ。
2016y10m21d_183608051
民泊投資の参考になったら下2つのボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓      

ヤミ民泊特集?!

こんにちは、簡易宿所コンサルタントの民泊先生こと三浦剛士です。

今朝、とくダネで民泊の特集が放送されておりました。
今回は、闇民泊について。
少し前からこちらのビルを1棟借りて闇民泊を行っていることについてご相談を受けていました。
記事やニュースは、どの視点・立ち位置から見るかによって、考え方や捉え方は、千差万別です。十人居たら十人違う考えです。

私が知っている情報からいえるのは、なかなかに大胆に運営を行っているホストだなと。
うすっぺらい虚偽は、直ぐにバレます。ゲストに嘘をつかせないで欲しい。近隣住民にも不安を与えてはいけないです。そのあたりの対処が出来ないなら、運営すべきではありません。これは、闇民泊だろうが旅館業取得(簡易宿所)でも同様です。このあたりがごっちゃになってしまうと、正しい議論は行なえません。
2016y10m20d_222920998

民泊投資の参考になったら下2つのボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓      

無許可の民泊148施設を営業中止に 京都市「さらに指導強化」

こんにちは、簡易宿所コンサルタントの民泊先生こと三浦剛士です。

京都市は積極的に行動されていますよね。
私が気になった点は以下
・施設の所在地を突き止められず指導できなかったのも半数近くに上った。
・無許可営業だった施設のうち、指導に応じて148施設が営業を中止した
・旅館業の許可を新たに取得したのはわずか7施設。市は「消防設備などの整備費用や、許可申請の手間を敬遠したのでは」と分析する。

仲介サイトでは、登録時に所在地点をずらしたり出来るのでここから突き止めるのは難しいです。逆に、半数は見つけられたということですね。
営業中止は、殆どが無断転貸また無許可での賃貸物件活用。すなわち営業中をいつでも出来る状態にして居たと思います。他の物件に移動していて、再犯しているかもしれませんね。
許可取得しなかった理由は、今後の課題です。そしてこの点の改正は起きる可能性があると思います。申請の手間は、然るべき人がやれば解消です。費用ですよね、費用。

旅館業法違反などで無許可営業の疑いがある京都市内の「民泊」施設について、市が4~8月に初めて行った本格的な調査・指導の結果をまとめた。対象とした725施設のうち、実際に無許可営業だったのは331施設で、うち148施設の営業を中止させた。一方、施設の所在地を突き止められず指導できなかったのも半数近くに上った。

実際に無許可営業だった施設のうち、指導に応じて148施設が営業を中止した。しかし旅館業の許可を新たに取得したのはわずか7施設で、市は「消防設備などの整備費用や、許可申請の手間を敬遠したのでは」と分析する。
2016y10m05d_193633488

民泊投資の参考になったら下2つのボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓  
ホームページ
プロフィール

合法民泊コンサルタント、三浦 剛士

旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産投資法”簡易宿所”投資を推進中!

Twitter プロフィール
旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産”簡易宿所”投資を推進!民泊・特区・Airbnb・簡易宿所・旅館業法についてつぶやきます。