教えて民泊先生!合法民泊で行う不動産投資のはじめ方

ダメ無許可民泊!合法で行なう民泊の方法をお届けします。 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

2018年03月

建築基準法の一部を改正する法律案

こんにちは、合法民泊コンサルタントの三浦剛士です。

 先日、建築基準法の一部を改正する法律案が閣議決定しました。

なかでも気になるところは、「既存建築ストックの活用」のなかでの「用途変更」についてではないでしょうか?

・戸建住宅等(延べ面積200㎡未満かつ階数3以下)を福祉施設等とする場合に、在館者が迅速に避難 できる措置を講じることを前提に、耐火建築物等とすることを不要とする。 
・用途変更に伴って建築確認が必要となる規模を見直し(不要の規模上限を100㎡から200㎡に見直し)。

いままで用途変更を避けて旅館業許可取得するために対象面積を99㎡以下にするという手法を利用するというものがありました。
3階建ても、旅館業として利用する場合には、特殊建築物となるため耐火建築物にする必要があり、保健所からも「旅館業が取得が難しいため避けるよう」にとお達しがでていました。

今回の改正により、空家活用が更に促進される様になるでしょうか?

ただし、自己判断せずに役所の建築課などに必ず相談を行なってから取り組むようにしてください。
01

詳細は、国土交通省のHPから確認できます。
→ http://www.mlit.go.jp/report/press/house05_hh_000708.html
 

運営ノウハウをこちらのブログで公開中 !
→ 
https://co-reception.com/all-articles/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓     
    

民泊カンファレンスでBeds24が登場

こんにちは、合法民泊コンサルタントの三浦剛士です。

本日は、民泊大学さんが主催されている「民泊カンファレンス」に参加してきました。
今回のテーマは、「サイトコントローラー/PMSスペシャル」

31

「Beds24」のご紹介。
48

3つの特徴
11

19

Beds24の詳細はこちらからが分かりやすいです。いまなら無料体験やっています。
→ https://co-reception.com/beds24/


運営ノウハウをこちらのブログで公開中 !
→ 
https://co-reception.com/all-articles/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓     
    

大阪市で民泊撲滅チーム結成

こんにちは、合法民泊コンサルタントのです。

大阪市は3「違法民泊撲滅チーム」を発足させると発表しました。未届けの民泊事業者を摘発の対象とし、安心・安全な合法民泊を増やすことを狙います。

大阪市は、国の提示通り規制なく民泊新法を利用できることになっていました。しかし、先日の事件を受けて規制を入れることにもなっています。

安心安全に利用できることが第一ということです。

IMG_1262



運営ノウハウをこちらのブログで公開中 !
→ https://co-reception.com/all-articles/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓     
    

合法民泊でのインフォメーション

こんにちは、合法民泊コンサルタントの三浦剛士です。

この3日間、具合が悪く寝込んでいました(-_-)
寝込んでいる時ほど、色々考えてしまうものです。
というのも、ゲストも具合が悪くなる時もある訳です。その時に、どう対処するべきなのかアナウンス出来ているかどうかは、大きな差かと思いました。

薬は、体に合う合わないがあるため一概に言えません。ただし、万が一の時の連絡先を知れているかどうかは、気持ちの面で大きく違うと思います。

と、床から考えていました〜。
IMG_1261



運営ノウハウをこちらのブログで公開中 !
→ 
https://co-reception.com/all-articles/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓     
    

民泊新法に向けて、Airbnbなどの掲載サイトの対応は〜?

こんにちは、合法民泊コンサルタントの三浦剛士です。

民泊新法の届出が開始され、施行日は3ヶ月後の6月15日。

Airbnbなどの掲載サイトの対応はどうなるでしょうか?
すでにご存知の方ばかりかもしれませんが、あらためて。

Airbnbは、下記の様に発表しています。
「サイトに登録している貸主は3月15日以降、地方公共団体などに民泊事業を行う届け出をして、認められた後で発行される番号を6月14日までに入力しないと情報が掲載されなくなる」

エアビーとしては、このような手続きによってヤミ民泊を一掃し、民泊に伴うトラブルを回避できるだろうと考えています。

いまホストになっている方には、Airbnbからこの様なメールが届いていますよね。

IMG_01ECCA70E01D-1
6月15日には、掲載数がどの様に変わるのかが、大いに気になるところです。

何にしても、民泊新法のルールとしては、各サイトへの登録時に届出番号を確認する必要があります。


運営ノウハウをこちらのブログで公開中 !
→ https://co-reception.com/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓     
    

ホームページ
プロフィール

合法民泊コンサルタント、三浦 剛士

旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産投資法”簡易宿所”投資を推進中!

Twitter プロフィール
旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産”簡易宿所”投資を推進!民泊・特区・Airbnb・簡易宿所・旅館業法についてつぶやきます。