教えて民泊先生!合法民泊で行う不動産投資のはじめ方

ダメ無許可民泊!合法で行なう民泊の方法をお届けします。 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

2017年09月

民泊新法で起こる不動産の動き

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

前回の記事続きです。
今後、民泊新法が確定すると起こるであろうと推測できる事は? 

その答えは、「民泊新法利用可能物件」としての付加価値による賃貸・売買物件の相場の上昇です。

理由の一つは、民泊新法が施行されると「住宅専用地域」での運営が可能となるためです。
*旅館業は、「専用地域」での許可取得は出来ません。

民泊新法により、旅館業許可として利用出来なかった「専用地域」にある空家空き室が活用可能となり、その結果不動産の活発化による相場の上昇となるのではと思われます。

ただ気をつけてください、民泊新法が出来るからといって、損益分岐点以上の賃料・価格で始めてはいけませんよ。
iStock-176109024

すでに運営している、また運営ノウハウを知りたい方のためブログを公開中!  
https://co-reception.com/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓   
                                          

民泊新法の運用ルール10月中にも案が公布

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

民泊新法ルールについて10月中にも案が公布される見込みとなったそうです。
これでようやく具体的な運用ルールが見えてくることになりそうです。

これを受けて各自治体が定める規制すべき条例などが決まっていくということになります。

下記、気にしておくべき点です。
・上限日数
・運営できない時期
・届け出及び登録方法

また今後、民泊新法の各自治体によるルールが確定すると起こるであろうという事が推測できます。
どのような事だと思いますか? その答えは明日に!
08

すでに運営している、また運営ノウハウを知りたい方のためブログを公開中! 
https://co-reception.com/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓                         
       

京都での新築物件進行中〜建築確認がおりました〜

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

京都の進めている新築の建築確認がおりました。
当初の想定より約1ヶ月半遅れでの確認がおりたという状況です。

理由は、1.申請数が多い、2.旅館業取得物件のため書類を回す箇所が22箇所と多い、3,景観法の規制が掛かる為、美観の申請が先にある。
など、京都ならではのハードルがあり、
通常のその期間よりも時間が掛かっています。

それでも、まだ早かった方なのかもしれません。近隣を回ると建築と旅館業のお知らせの看板が立っているものの、1年以上手つかずの土地も見受けられます。

近隣関係など色々とあるのかもしれませんが、このあたりを含めて順序よく段取りよく出来るとスムースに進めていける事は可能かと思います。
BlogPaint




すでに運営している、また運営ノウハウを知りたい方のためブログを公開中! 

https://co-reception.com/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓                         
       

京都の商業地地価、上昇率全国1位 その理由は?

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

京都市の商業地価上昇率が全国1位というニュースが先日ありました。
理由は、旅館業施設物件の建築ラッシュがこれを押し上げているという状況です。

数年前から京都の物件を探している方は、充分過ぎるほどこの価格の上昇を体感しているかと思います。
それを狙って、転売している業者さんもいますし、それを購入してしまう方がいるから、相場が出来上がるという状況です。
3年前から比べれば2倍以上に、いや3倍近くになっているエリアもあります。

京都に旅館業施設を取得するのは、東京の人が多いです。
京都も高くなったとはえいども、東京の価格と比べると感覚的に半額位になります。そのため今、京都の物件は投資対象として注目され積極的に取引きが行われているということが、今回の地価上昇に繋がっています。

京都の商業地が全国1位ですが、上昇率だけでいえば、同様に京都の住宅地(専用地域除く)も凄まじい事になっていると思います。

以前の記事でも触れているように、購入時の損益分岐点がありますから、よく見定めてください。そうしないと失敗のリスクが格段に上がってしまいますよ。

上昇している最中にそんな物件があるのか?とお怒りを受けそうですが、その話はまた次回にしましょう。
58


すでに運営している、また運営ノウハウを知りたい方のためブログを公開中! 

https://co-reception.com/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓                         
       

CR(スケジューラー)の意義  〜TEMAIRAZUシリーズシステム連携開始 最終回〜

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

全4回に渡り「CRスケジューラー」のサービス特徴についてご紹介させて頂きました。

手作業での手間を省いて、もっと生産的な業務(本業やゲストへのサービス、自己投資)に時間を利用しましょう。
やはり不動産投資である以上、苦労投資ではなく不労投資であるべきです。
そのためには、便利なものは取り入れ利用すべきですし、サービス料金が安ければ尚良しです。

来年の6月から施行予定の民泊新法から更に参入者が爆発的に増えます。
しかし上限180日の中で、個人の方が代行会社に任せて行なうと投資対効果が非常に悪いです。
極端ですが、自己運営が一番効果が高い訳で、その中でも大変な深夜早朝のゲストとのやりとり等を、このCRというサービスでサポートしていきたいと考えています。
しかも、そのサービスを安くです。*24時間サポートの場合、1部屋1万円/月額です。

私は、この様に運営者・オーナー様ファーストで運営を考え実行にうつしています。

20



先着100名まで使用開始から1ヶ月は無料です。こちらからお問い合わせください。
https://co-reception.com/pms-cr-application/



すでに運営している、また運営ノウハウを知りたい方のためブログを公開中! 
https://co-reception.com/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓                         
       
ホームページ
プロフィール

合法民泊コンサルタント、三浦 剛士

旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産投資法”簡易宿所”投資を推進中!

Twitter プロフィール
旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産”簡易宿所”投資を推進!民泊・特区・Airbnb・簡易宿所・旅館業法についてつぶやきます。