教えて民泊先生!合法民泊で行う不動産投資のはじめ方

ダメ無許可民泊!合法で行なう民泊の方法をお届けします。 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

2017年03月

えっ、帳場不要???

こんにちは、合法民泊(簡易宿所)コンサルタントの民泊先生こと三浦剛士です

旅館業の許可取得について代表的な設備といえば・・・?
「帳場」です

京都では4月から帳場が不要という噂があります

その噂を探るべく、保健所含む各方面に確認したところ!!!

玄関帳場の件に関しましては、不要になる(なった)という話は耳にしておりません。

他府県では特区民泊を開始し、簡易宿所の玄関帳場の緩和がみうけられますが、京都ではなかなか難しいのではと思います。

 

ということでした^^;
151129_0004

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓                                                 
      

旅館業が営業出来る用途地域

こんにちは、簡易宿所コンサルタントの民泊先生こと三浦剛士です。

用途地域によって、旅館業の許可取得が出来ません。
どんな場所でも出来るということでは、ありません。これは特区にも共通しています。空き家が見つかったから、立地が良いからといって、どこでも出来る訳ではありません。

それは、建築基準法という法律で用途地域という地域が定められているからです。
その建築基準法によって、むやみやたらに色々な種類の建物が街に混在しないようです。建物が混在しないことにより、国民の住生活を守っているとも考えられます。例えば、小学校のまわりにはパチンコ屋などがないといった具合です。

ホテル、旅館、簡易宿所を行なえる地域は決まっています。これを知らずに、用途地域を確認しないまま、保健所に相談をして話を進めようとしている方が多いそうです。これでは、ただの時間と労力の無駄になってしまいます。しかし、保健所では、用途地域については一切教えてくれません。

では、どのようにするとよいのでしょうか。物件の情報を細かく知ることです。その方法は、不動産業者に確認する、または市町村の建築課に問い合わせることがもっとも簡単で確実です。

つまり、合法での民泊投資を行なおうと考えている場合、まず物件の用途地域を確認することです。

2016y09m19d_111439011
民泊投資の参考になったら下2つのボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓      

京都市 4月から変わる旅館業関係のこと

こんにちは、合法民泊(簡易宿所)コンサルタントの民泊先生こと三浦剛士です

3月ももうすぐ終わります、しかし春の気配が来ず、まだ寒いですよね
4月からは年度が変わります
新年度からあらたに変わることも世の中たくさんあります

そんななか4月から変わる京都での旅館業絡みで一つ

4月より旅館業許可の窓口が変更されます
これに伴い審査期間の日数換算が、 土日祝日を除いた60日が標準処理期間となります 

これ結構なことだと思いませんか?
今までは1ヶ月だとか、延びて1ヶ月半だとか言われていて、長いなぁ〜と思っていたことが、これからは60日間(2ヶ月)は最低でも確実に待たなければいけないということになります(T_T)
1501d488164e42e184c0f849197e96e7

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓                                                 
     

合法民泊と空き家活用

こんにちは、合法民泊(簡易宿所)コンサルタントの民泊先生こと三浦剛士です

 本日、東京某所にて合法民泊投資へのお打合わせ!

ただ旅館業取得するだけではなく、
コンセプトとターゲットを明確にすることで勝機があると考えます
やはり新しい不動産投資、賃貸の客付けの一つだなとあらためて思いました
これでまた一つの空き家がなくなり、活用されるということが素晴らしいと思いませんか!
IMG_7356

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓                                                 
     

合法民泊の運営について書いてみます  その5

こんにちは、合法民泊(簡易宿所)コンサルタントの民泊先生こと三浦剛士です

4回に渡りお伝えしてきました、合法民泊を運営するにあたって掛かる経費とその金額
もう一度、おさらいしてみましょう

電気代:33,468円
ガス代:9,705円
上下水道代:13,707

家の固定wifi:5,709円
ポケットwifi:5,047円

備品消耗品:11,832円 

清掃(リネン洗濯)費:約100,000円

この様な感じになります

ここから肝心なことに突入していきます、2点あります
1点目、この費用は誰が負担するのか?
2点目、まだ抜けている経費があります

あなたは分かりますか??
images

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓                                                 
     

3/38追記:費用のこと追記しました
ホームページ
プロフィール

合法民泊コンサルタント、三浦 剛士

旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産投資法”簡易宿所”投資を推進中!

Twitter プロフィール
旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産”簡易宿所”投資を推進!民泊・特区・Airbnb・簡易宿所・旅館業法についてつぶやきます。