教えて民泊先生!合法民泊で行う不動産投資のはじめ方

ダメ無許可民泊!合法で行なう民泊の方法をお届けします。 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

2016年12月

合法民泊(簡易宿所)コンサルタント三浦より

こんにちは、合法民泊(簡易宿所)コンサルタントの三浦剛士です  
 
本年も最後までブログを読んで頂きありがとうございます!
お会い出来た人も、これからの方も沢山おりますが、たくさんのご縁に非常に感謝しております
 
民泊関連は、来年には新法が成立する予定もあり、本当の民泊元年を迎えるのではと思います。
旅館業も頻繁に内容が変わったりしていますので、引き続き最新情報をお伝え出来るようにしていきます!

来年は、新しいことを沢山考えておりますし、変化と躍動の年としています。
開始するプロジェクトも増えますで、情報をどんどん発信していきます。情報共有です(^o^)丿 
 
旅館業(簡易宿所)専門の運営会社としても本格的に活動します! 
 
良いお年をお迎えください
 
来年もよろしくお願いします!

簡易宿所コンサルタント
三浦 剛士 
2015y12m28d_184856387

民泊投資の参考になると思ったら下2つのボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓                                       
                  

民泊×コンサート・イベント

こんにちは、合法民泊(簡易宿所)コンサルタントの三浦剛士です  

「イベント民泊」
コンサート・開業・イベントなどの催しがあった時のみの期間限定で行える民泊です

記憶に新しいところでは、嵐のコンサートとEXILEのコンサートですね。

なお厚生労働省は、『イベント民泊は自治体からの要請で、年に1回、1週間程度の利用なら、旅館業法の適用は不要である』といった内容の見解を出しています。

当然ですが、勝手に行うこと出来ません。自治体への届出制となり、しっかりと審査もあります。旅館業法の適用がないだけでルールは同じです(宿泊者名簿など)。

あなたの街にも大きなイベントが来たら民泊やってみる機会があるかもしれませんよ。もちろん逆のパターンもですね。

ということで、今日はコンサート(ライブ)に行って来ます🎵知り合いも遠方から参戦するので、その宿のことを考えていたらイベント民泊が気になった次第でした。

民泊投資の参考になったら下2つのボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓                                      
                 

民泊提供、都道府県へ届け出制に 新規参入促進で新法案

こんにちは、合法民泊(簡易宿所)コンサルタントの三浦剛士です 

民泊新法の情報です

一般住宅を宿泊施設として活用する「民泊」に関して、政府が来年の通常国会に提出を予定している新法案の概要が28日、分かった。

【届出制】

民泊サービスを行う家主を都道府県への届け出制とし、新規参入を促す。

【連絡先の明確化】

近隣とのトラブルを防止するため、苦情への対応を義務付けるなど宿泊事業者としての責任を明確化するが、実効性が課題となりそうだ。

【年間営業日数の上限】

年間営業日数は180日以内とし、自治体の条例で制限できる仕組みを検討する。

という内容です。しかし、まだこの中に出てこない内容、特に人命に関わるあたりの消防関連がどの様になるのか気になります。今回の新法には盛り込まれないのか?もしそうなった場合、もしものことが発生すると、180度変わることになります。宿の提供だけでなく、ゲスト側に寄り添った内容にもなってくれればと思います。


民泊投資の参考になったら下2つのボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓                                   
                

合法民泊でのIOT化

こんにちは、合法民泊(簡易宿所)コンサルタントの三浦剛士です 

旅館業を行なうにあたって沢山の周辺産業が産まれていますという話を前回にもしました
そしてIOT(【 Internet of Things 】 モノのインターネット)化も進み始めています

「アプリや自動精算機などの仕組みと組み合わせて導入すればフロント業務の効率化」が可能となるように開発も進んでいるそうです。このような事でローコストで出来るようになれば、適材適所に力を注げる運営の可能性があります

玄関キーネット経由することで、鍵の開閉を可能にし、ビデオカメラを設置することにより遠隔でチェックインと身分確認も始まっています。
反面、主要駅に総合受付場所を構えることにより、対面での接客をすることでコミュニケーションを得るようにする形式と分かれています。 
internet-of-things

民泊投資の参考になったら下2つのボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓                                
               

合法民泊を長く続けるためには

こんにちは、合法民泊(簡易宿所)コンサルタントの三浦剛士です

本日の打ち合わせは、かなり充実させて頂きました。
いま私が考えている理念に共感して頂ける人がいらしているので、そういう中でサポートを進めけるのは本当のwin-win-winを築けると確信しています。

そのため時には判断がシビアですが、ご了承くださいませ。
やれない理由は作りませんが、オーナー様第一でサポートしていきます!

民泊投資の参考になったら下2つのボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓                               
               
ホームページ
プロフィール
Twitter プロフィール
旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産”簡易宿所”投資を推進!民泊・特区・Airbnb・簡易宿所・旅館業法についてつぶやきます。