教えて民泊先生!〜合法民泊のはじめ方と運営方法〜

合法民泊のはじめ方や運営方法の情報をすべて公開中! 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

2016年02月

2/15 「民泊での合法的成功例教えます」セミナー後記

こんにちは、民泊先生こと三浦剛士です。

今回は色々な意味で特別回でした(笑)
具体的な参加者の不動産投資状況に合わせて、不動産賃貸業界の話や入居付け、Airbnb、簡易宿所の取得まで。ある意味一番濃厚なセミナーだったと思います。

不動産投資全般で且つ、過去から未来までの長期的な観点からお話でした。
参加者の方がすでに自ら、簡易宿所取得に向けて行動なさっていた事が、本当に素晴らしい事だと思いました。良くも悪くもかもしれませんが、行動すれば結果が出る、という事を体現なされていました。

セミナー週間5/5回目

IMG_3330



ブログ応援のために下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓
 
民泊・Airbnbランキングへ

2/14 運営中簡易宿所物件、現地セミナー後記@浅草

こんにちは、民泊先生こと三浦剛士です。

2/14 St.バレンタインデーの私からのプレゼントは・・・
なんと!現在、運営稼働中の簡易宿所許可取得の物件現地にてセミナー開催でした。
たまたまこの1日だけ空いていたので、オーナーさんに無理を言いまして利用させて頂きました。ご厚意に感謝しております。当然、利用料として1泊分をお支払いしております。

今回は、正に三原則(現地、現物、現実)に乗っ取ったセミナーになりました。座学とは全く違い、具体的にこうしたからこそ、旅館業取得して運用の今に至るかをお伝えしました。立地や建物細部に至るまでを五感を通して感じて頂けたと思います。

耐火に関わる事、なぜ間取り変更が必要になったのか、なぜ畳が敷かれているのか、なぜこの色を使用しているのか等々、現物に触れながらお話出来る貴重な回となりました。
いまサポートしている物件もこの数か月間での完成目途となっております、同様にオーナー様からの許可が得られれば現地セミナーを開催予定です。
セミナー週間4/5回目
IMG_3340IMG_3336
IMG_3342IMG_3337

ブログ応援のために下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓
 
民泊・Airbnbランキングへ




追記 再掲 京都市:民泊の利用及び提供に当たって(重要)

2/22追記。
なお書きとして、旅館業法第3条に基づく許可を受けた施設が掲載されています。

BlogPaint

現在、私は京都の物件、新築911棟と中古2棟の計11棟と東京5棟の物件と平行して旅館業(簡易宿所)取得のサポートを行っています。

京都市の通知の様に、私も京都の良さをより深く知ってもらうという理念において計画をサポートしているので、本当に旅行者の方々が満足して、また来たいと思ってもらえるように引き続き活動していきたいです。

京都市のHPより
http://www.city.kyoto.lg.jp/hokenfukushi/page/0000193116.html
「民泊」を利用される皆様へ
と始まり、"ほんまもん"の行は良いですね。
現在,市内においてインターネットの仲介サイト等を介して,空き家や集合住宅の空き室などを宿泊客に提供する,いわゆる「民泊」が急増しています。
 自宅の一部を提供する場合であっても,「宿泊料とみなすことができる対価を得て人を宿泊させる業を営む場合」には,旅館業法第3条に基づく許可を受ける必要があります。
 また,本市では,宿泊客の皆様に,許可を受け,安全・安心の確保された宿泊施設を御利用いただくことこそが,「おもてなし」につながると考えております。
 安全・安心の確保できた宿泊施設を御利用いただくこと,ほんまもんの京都の旅を堪能していただくために,宿泊予約の際には,必ず許可を受けた施設であることを御確認ください。

結びに、ハッキリとした態度を示しているのが印象的です。
「民泊」の提供を予定されている皆様へ
 「民泊」については,国において規制緩和の議論等がなされていますが,本市においては,旅館業法の許可を受けずに,営業することはできません。
 旅館業法をはじめ,消防法,建築基準法など関係法令についても御確認いただき,旅館業法の許可を受けたうえで,営業を始めてください。
 旅館業法違反には,罰則も規定されています。

2016y02m04d_230801492



民泊投資の参考になったら下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓
  
民泊・Airbnbランキングへ 

京都探訪、、、している場合ではなく物件調査

こんにちは、民泊先生こと三浦です。

京都に来ています。
予定よりも早目に着くようにしていたので、大工さんへのお土産を持って早速工事の進捗状況を確認しに行ってきました。
感想は、思ったより進んでいない?;^_^A やはり京都タイム、、、あるのかもしれません。

折角なので近隣を歩き回ってみました。
三条大橋より。
京極の商店街
七条大橋より。

なんと、この近くに"町家"付きの売り物件が出たと行きしの新幹線内で連絡を受けていたので、現地確認してきました。スペックは、最寄駅から徒歩4分のみならず京都駅までも徒歩圏内という超好立地! ※昨日のブログの話とは、また別の物件です。

まだ出回っていない情報という事で、詳細が書けないのは残念なのですが、そこはご了承下さい。
勿体ぶる訳ではないので、興味がある方は、お問い合わせフォームからメール下さい。→こちらから 
そのような事情の為、写真をだいぶ加工していることをご了承下さいませm(__)m

本来の目的の物件調査の内容は次回、と今日はなかなか素晴らしい不動産屋 社長さんと出会えました。この話もまた次回。


↓民泊投資の参考になったら下のボタンをクリックして下さい。
  
民泊・Airbnbランキングへ 

着工! 京都の新築案件

こんにちは、民泊先生こと三浦剛士です。

先日の話になります。京都でサポートしている新築物件の建築確認が2棟分すでにおりました。これを皮切りに、今月以降順次12棟の新築工事が始まります。先の2棟は、着工済みです(後述)。

BlogPaintBlogPaint                              ↑証拠の建築確認済証。簡易宿所と新築の記載         ↑京都や観光地に係る「景観法」の認定書
                                            
一応、旅館業の許可証が出るのは、完成後の検査が入ったあとになります。
しかし建築確認申請の時点から旅館業申請も平行して行っていましたので、建築確認がおりたという事は旅館業が取得出来たのとほぼ同じ事なのです!という事で、ほっと一安心(^^)bGood!
BlogPaint
↑旅館業施設計画承認通知書

京都という距離もあるため、建築にあたって一級設計士さんの他、第三者機関にも検査の協力を得ています。
2016y02m20d_1843144882016y02m20d_184303137
       この様な感じで1㎜ピッチでの厳しい検査が入ります。ある意味、工務店泣かせ??
大家さんの為を思うと良い意味で徹底的にやる事をやって、不動産投資というマラソンを走り続ける為に万全に準備をしています!

という事で、私は急遽明日京都へ行きます。
工事の進捗状況確認と、、、何やら新しい物件情報が入ったとの事なので、現地確認と旅館業が取得出来るプランが入るかを確認に行って参ります。


民泊投資の参考になったら下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓
 
民泊・Airbnbランキングへ

ホームページ
プロフィール

合法民泊コンサルタント、三浦 剛士

旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産投資法”簡易宿所”投資を推進中!

Twitter プロフィール