こんにちは、ほぼほぼ元気になってきました合法民泊コンサルタント三浦剛士です。

前回のつづきです。
前回の記事はこちらから→ http://min-pack.blog.jp/archives/1070704591.html

具体例ですが、Aという物件は、昔に商いを行なっていました。その時のお店のアイコンとなっていた置物がありました。
この般若がそれです。
S__3318047
かなり省略しますが、当時この般若がお店のアイコンになった理由が明確にありました。
この様な物件の場合には、その物件の歴史を引き継がせてもらうというストーリーが出来上がります。

そしてこれらの素材や背景をデザイナーさんに伝えるとこの様になります。
36
25
05

最終的にこの中から、スタッフ全員で意見を交わして選びます。
ざっくりでしたが、この様な感じで作成をしています。
この物件に関しては、般若という分かりやすいアイコンがあったので比較的分かりやすいですね。

合法民泊民泊の運営ノウハウは、こちらのブログで公開中
→ https://co-reception.com/all-articles/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!