こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦剛士です。

いよいよ?ようやく京都市の民泊条例成立となりました。

当初のとおり、一番厳しいルールとなりました。
・「住居専用地域」での民泊は町家物件で営業する場合や家主が物件内に居住する場合などの例外を除き、冬の閑散期の60日間のみに営業を限定する。  
・管理者が緊急時などに10分以内に駆け付けられる場所での駐在を求める「駆け付け要件」も義務付け。

6月15日にいったい、京都から何件のヤミ民泊が消えるのでしょうか。
59




運営ノウハウをこちらのブログで公開中 ! 
→ https://co-reception.com/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓