こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦剛士です。

前回の記事のつづきです
つづきはこちこちらから→http://min-pack.blog.jp/archives/1069936308.html

検査員さんからの指摘事項は、その後どうなったのかというと、、、。

結論:検査が終わったその場ですぐに是正工事に入って対応。

立会い検査時には、私・設計士さん・工務店さんと三者が一緒におりました。
そのため、宿題(指摘事項)を持ち帰ることなく、全員がその場で内容を聞き意味を把握をしていたので、即対応出来たということです。そのため間髪を置かず、解決することができました。

なお通路幅については、手摺りを取り除く訳にいきませんでした…。
しかし設計士さんが検査員さんにその場で緩和措置についての確認をしてくれまして、その案を即採用し対策を施行を行ないました。

今回は、タイミングのズレにより許可証が先におりた状態だったのですが、この検査を終えないと営業開始が出来ないため、その意を理解していた上で、設計士さん工務店さんがすぐに対応してくれた次第です。

その結果、翌日には指摘事項を是正して提出完了した次第です。
このスピード感とっても有り難いことです。
IMG_2122 2
運営ノウハウをこちらのブログで公開中 ! 
→ https://co-reception.com/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓