こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦剛士です。

三浦簡易宿所始めるってよ、その8
その7の記事はこちらから→http://min-pack.blog.jp/archives/1069621920.html

前回までに、政策金融公庫と京都地銀に伺い、取り組む事業(合法民泊)の説明をひとしきり行いました。
その次の流れは、その概要を資料として持ち込みました。

その際に必要だった書類は、(下記は、私が実際に用意し持ち込んだ資料の内訳)
・物件関連資料(謄本、公図)
・事業関連資料(プラン、各種見積もり概要:工事見積もり、旅館業申請見積もり、デザイン見積もり、家具家電見積もり)
・私の状況(収入関係、会社の状況(B/S,P/L,資金繰り表)、運営管理している物件の売上状況(←今回はこれが結構重要でし)た、運営している簡易宿所の許可証、宅建免許証、保有口座の残高証明、経歴書、クレジットカードの利用履歴直近2ヶ月分、)

私の関連の資料が通常の融資必要資料より多いのが融資の難しさを物語っています笑

融資についてはまだまだ続きます^^;
bank

運営ノウハウをこちらのブログで公開中 ! 
→ https://co-reception.com/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓