こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦剛士です。

異例の摘発!と各記事でも見出しがおどっていました。

京都市右京区で無許可民泊を運営していた、斡旋代行業者・民泊オーナーが摘発・書類送検された。

 今回の摘発の記事を受けて、戦々恐々としている業者・民泊オーナーは沢山いるのではないでしょうか?言い方悪いかもしれませんが、今回の摘発はある種見せ付けというがあるかなと思います。
今まで、行政からの指導をのらりくらりとしていた業者・民泊オーナーも多く、殆どの方が指導だけで何も出来ない、と思っていたところに今回の摘発です。

特に今回は、業者だけではなく、業者から斡旋を受けて始めたオーナーも一緒に摘発されたことが重要な点だと思います。

私は以前の記事で、特に京都市は無許可民泊についての取り締まりがとっても厳しくなりますよ〜と、お伝えしていたのですが、、、。


「社長らはインターネットやセミナーを通じて民泊経営者を募集し、業務を代行するなどして売り上げの一部を得ていた。」

上記の様な内容があったのですが、もしあなたがセミナー受けるならば「合法民泊のセミナー」を受けることを絶対的におすすめします。

ということで、12月にセミナーを開催を予定しております。色々ありまして、セミナーが開けていなかったのですが、お話したいこと沢山ありますのでお楽しみしていてください。
BlogPaintBlogPaint



合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓