こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です

合法民泊を行なう方法として、物件を購入(所有)または借りる(賃貸)の2つの方法があります。
購入でしか旅館業を取得出来ないと思っている方も未だ多いのですが、決してそうではありません。

しかし旅館業取得出来れば、どの様な物件でも良いという訳ではありません。

前回の記事では、旅館業取得可能だからといって「立地」選びを忘れないこと。
そして、次に大事なのは「価格(賃料)」です。
世帯数によっても変わりますが、ある程度の損益分岐点の
「価格(賃料)」があります。

次回にその金額の目安をお伝えしていきたいと思います。
その目安が分かると、大きな失敗をするようなことはなくなります。

3771d7b8

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓