こんにちは、民泊先生こと三浦剛士です。

 特区では2014年4月に旅館業法の適用を外し、訪日客向けの民泊を認める制度を設けています、いわゆる特区民泊です。
ただし6泊7日以上滞在する宿泊者に限定したものとなり、実際は殆ど稼働には程遠いものでした。
しかし政府は国家戦略特区で一般住宅に旅行客を有料で泊める民泊を短期滞在客向けにも解禁する方針で、日数要件を今秋にも2泊3日以上に短縮するといいます。

当然、1泊からの宿泊者を受け入れる場合は、旅館業法(簡易宿所など)取得して行うこととなります。
訪日外国人の宿泊日数は2泊以上が多いですので、これを機に更に民泊が一挙に広がるのではないかというのが、専門家の考えです。
20150824182247

民泊投資の参考になったら下2つのボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓ 
         
民泊・Airbnbランキングへ