こんにちは、民泊先生こと三浦剛士です。

ほぼ確定したプランを持って先ず消防署に設備確認の打ち合わせに行きました。消防の方は、かなり忙しいので事前にアポイントを取ってです。※すでに調査として訪れたのは実は2回目になります。
前の法令改正で無線機の自火報でも対応可能になった事を確認し、防火サッシへの対応の相談もして一つ対応策が生まれました。
こちらも着実に経験値が上がってきました。そしてこのレベルアップがリフォームとその費用削減につながるのです。

その後、保健所に行き作成した最新プランの平面・立面・断面図を持ち込み再相談。
が!「このプランダメね〜」と、マジかっW(`0`)W  前回の指摘を受けて練り直ししたハズなのに…。とは言えども、解決案をその場で保健所担当者交えて発見!しかも、定員数が増やせる案も頂きました、ありがとうございます(^-^)/

これにてほぼ事前調査完了の目処が立ちました。恐らく次は申請になる予定です。

民泊投資の参考になったら下2つのボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓
     
民泊・Airbnbランキングへ