こんにちは、民泊先生こと三浦剛士です。

お陰様で嬉しい事に毎日の様に民泊~簡易宿所取得についてのご相談を頂いています。
なぜ嬉しいのかというと、世はAirbnbブーム真っ只中なので、もう次のステージを目指せねば!と思っている人が増えたのと同時に合法で稼ぐ方法があるという、民泊投資が認知されつつあるという事が確信に変わった為ですヾ(=^▽^=)ノ

最近、一番多い質問をご紹介し回答を公開します!
Q.簡易宿所の要件などがわからず、どのような物件が対応可能なのでしょうか?どうやって調べていけばいいか教えて下さい。

A.まず建築基準法の”用途地域”を確認して下さい「住居専用地域」での取得は出来ません。
旅館業取得の要件は、たくさんありますが、そもそも用途地域が合っていないと現行法では出来ません。

BlogPaint

                   ↑クリックすると図が大きくなります。赤枠内が可能な用途地域となります。

旅館取得には、「保健所」「消防署」そして「役所※建築課」に相談する必要があります。用途地域確認もその一つです。
また売地や売り中古戸建など不動産屋さんが作成する販売図面(マイソク)には、必ず「用途地域」の記載がありますので、閲覧すればすぐに分かります。SUUMOなどポータルサイト上にも記載がありますので確認できます(稀に記載されていない物件もありますけど…)。


民泊投資の参考になったら下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓
  
民泊・Airbnbランキングへ