こんにちは、民泊先生こと三浦剛士

客室面積の緩和案です。
特区民泊が25㎡以上となり、これ以下までに緩和すると噂されていました。
しかし、私が気になるのは、この定員に於けるトイレや洗面台の数の要件がどう変わるかです。※現状の簡易宿所は、トイレ5人2つ必要。

以下、記事です。
定員10人未満 一般から意見公募始める

 住宅の空き家に旅行客を有料で泊める「民泊」について、厚生労働省は9日、旅館業法上の簡易宿所として営業許可を出すための部屋の面積の基準について「定員10人未満の場合、1人当たり3.3平方メートル」とする案を公表した。定員に関わらず「33平方メートル以上」とされている現在の基準を大幅に緩和する内容で、同日から基準案について一般から意見公募を始めた。 なお、10名以上は現行の規定通りとする。 厚労省はファクスなどで来月9日まで意見を受け付け、その結果を踏まえて旅館業法施行令を改正する。4月1日から新たな基準で運用を始める予定。面積基準が緩和されれば、都市部のマンションの空き部屋でも営業許可が取りやすくなる。

民泊枠組み