それでは実際に泊まってみてどうだったかの!?わたくし三浦からレポート(というかメモをつらつらと)です。
※考え方や捉え方は、経験などにより個人差がありますのであくまでも私見ですのであしからずm(__)m

空室がほとんど無く、そもそも選べるほどの選択肢はありませんでした。京都ヂカラを体感。
予約後は、メールが2通。
最初は、英語版の案内が送られてきました。
第一対象者は、外国人だなと実感。その後、日本語版も送られてきました。

サイトの表記は駅から徒歩15分。宿泊施設で徒歩15分はなかなかの距離。駅近が宿泊施設の売りですが、京都は別かもしれません。近場はすでに埋まっているという事でもあります。
しかし送られてきた案内には、徒歩20分…。結局、タクりました。

現地のエントランスに入ると、宿泊者名が分かる状況になっていたのですが、私の名前以外は全て外国人(9割がアジア人系の名前)でした。所々にあるPOPも、中華言語が多い。

チェックインはセルフ。エントランス内に小規模ロッカーがあり、事前に送られてくる暗証番号で開錠。ロッカーには部屋番号と宿泊者名が書いてある。

建物は、どこからどうみても普通の賃貸マンションでエレベーター1機付き。
受付があるものの、営業時間9:00~17:00。8時間勤務!素晴らしい。

それでは明日は室内編。
なんと、穏やかな性格のわたくしがキレる出来事が発生っ!!

そうだ、京都へいこう。