教えて民泊先生!〜合法民泊のはじめ方と運営方法〜

合法民泊のはじめ方や運営方法の情報をすべて公開中! 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

プラットフォーム(掲載サイト)のそれぞれ

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦剛士です。

利益の半分を地域に還元する、という仕組みのプラットフォーム(掲載サイト)が2019年1月に公開されるそうです。
その名も「Fair BnB」ゴロもいい。

ここでいう利益というのは、FairBnBの利益を指します。
ホストの利益が減るということではありません。

特色しては、ホストが登録できる宿は1件のみ。これにより違法な宿が掲載されないハードルを儲けている。
FairBnBが企業ではなくホスト、近隣住民、地域の事業主などの協同組合により運営されている。

それはそれとして。

今回のポイント
民泊向けのプラットフォーム、これからまだ増えるだろう
ということです。

上記のFairBnBのように、サイト自体が他サイトと差別化されるようなもの(既存でいうと、高級宿を集めたサイトなどもあります)。掲載側の共通の不満となる、手数料が高いという問題を解決するようなサイトなども出てくるのでは、ないかと思います。
私の周りでも、あらたなプラットフォームを立ち上げようと考えている方も見受けられます。

各プラットフォーム毎に明確な特色があれば、宿に合わせて使用するプラットフォームを使い分けるということがあからまさに行なわれるようになる可能性もありますね。
スクリーンショット 2018-12-23 18.53.25


合法民泊民泊の運営ノウハウを、こちらのブログで公開中
→ https://co-reception.com/all-articles/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓    

                                   

従事者名簿 〜年に一度の保健所立会い検査でした 最終回〜

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦剛士です。

前回の記事「年に一度の保健所立会い検査でした」の最終回です。

最後は、こちらの名簿についての注意点です。
3)従事者名簿

記載内容に注意する。

宿泊者名簿同様でオリジナル作成したものを使用していると、検査時に項目漏れで指摘されることがあります。
特に電話番号についての項目漏れが多いと保健所の方は指摘されていました。

2)従事者名簿の必要項目
氏名、生年月日、住所、電話番号、従事職種、就業年月日
従事者名簿
3回に分けてお送りした、保健所検査時に注意しておくこと。
本来であれば、旅館業の許可取得時にも同様にいえる注意点となるのですが、年に1回ましてや担当者が来るたびに違うとなると、本当は無いはずなのですが、許可取得時と変わっている〜なんてことも。

旅館業改正もあり、2018年6月15日を境にして、この前後では自治体の内容も変わっています。改正後は新しい法律・条例に合わせる必要がありますので、ご注意くださいね。

合法民泊民泊の運営ノウハウを、こちらのブログで公開中
→ https://co-reception.com/all-articles/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓    

                                   

宿泊者名簿 〜年に一度の保健所立会い検査でした その3〜

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦剛士です。

前回の記事「年に一度の保健所立会い検査でした」の続きです。

今回は、こちらの名簿についての注意点です。
2)宿泊者名簿
3)従事者名簿

記載内容に注意する。

オリジナル作成したものを使用していると、検査時に項目漏れで指摘されることがあります。

2)宿泊者名簿の必要項目
氏名、住所、電話番号、職業、性別、年齢、前泊地、行先地、到着日時、出発日時、室名、国籍及び旅券番号(外国人の場合)

スクリーンショット 2018-12-21 21.12.38
次回は、最終回、3)従事者名簿の注意点です。

合法民泊民泊の運営ノウハウを、こちらのブログで公開中
→ https://co-reception.com/all-articles/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓    

                                   

気をつける3点とは 〜年に一度の保健所立会い検査でした その2〜

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦剛士です。

前回の記事「年に一度の保健所立会い検査でした」の続きです。

次の3点は解釈を間違えやすいので注意してください。
*自治体によって解釈が異なる場合もありますので基本と捉えてください。

1)定員(客室に定員数の表示がなされているか)
2)宿泊者名簿
3)従事者名簿

まず、
1)定員(客室に定員数の表示がなされているか)
定員数の表示を各室のドアに表記。宿泊料金を明示。

・定員数の表示というのは、複数部屋あるとすれば、各室のドアにその表記を貼る必要があります。
紙に印刷して置いておくだけだと、指摘される場合があります。
大々的に貼る必要はなく、下記の様な感じでテプラで貼っておく程度でも良いそうです。
IMG_2752
↓アップにすると
IMG_2753

・宿泊料金の明示は、扉に貼る必要はなく、印刷したものを帳場に置いておくよう指示されます。
1泊1人の料金の目安を表記しておきます。こんな感じでOKです。
スクリーンショット 2018-12-20 12.16.23

次は、他2点についてを~。

合法民泊民泊の運営ノウハウを、こちらのブログで公開中
→ https://co-reception.com/all-articles/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓    

                                   

年に一度の保健所立会い検査でした

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦剛士です。

本日は、とある自治体で運営している宿での、年に一度の保健所立会い検査でした。

保健所の検査は、年に一度は必ず行なわれます。
本日、話をして知ったことは、毎年立会いにくる検査員は変わるということ。

なお許可取得後の立会後の検査で行われることとは、下記の項目となります。
・施設の換気・清潔
・施設の明るさ(照度を測ります)
・寝具類の衛生
・定員(客室に定員数の表示がなされているか)
・浴室の衛生
・貸与物の衛生
・洗面所、トイレ
・宿泊者名簿
・従事者名簿
・玄関帳場
・保健所への届出(変更があった場合は、変更届を提出)

この中でも気をつけたいのが、3点ほどありますので、次回お伝えしたいと思います!
BlogPaint


合法民泊民泊の運営ノウハウを、こちらのブログで公開中
→ https://co-reception.com/all-articles/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓    

                                   
ホームページ
プロフィール

合法民泊コンサルタント、三浦 剛士

旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産投資法”簡易宿所”投資を推進中!

Twitter プロフィール
旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産”簡易宿所”投資を推進!民泊・特区・Airbnb・簡易宿所・旅館業法についてつぶやきます。