教えて民泊先生!〜合法民泊のはじめ方と運営方法〜

合法民泊のはじめ方や運営方法の情報をすべて公開中! 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

(A)当たり前のことを、(B)バカにせずに、(C)しっかりとやる

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

今年も残すところ、あと2つ寝るとお正月です。
旅館業を運営しているので、いまの私たちにはお休みとは無縁になります。
今日・明日のチェックインもあれば、元旦にチェックアウトと同日午後チェックインもあります。

といえども、世間一般的には年末年始の正月です。これを踏まえて、先日、清掃責任者であるA子さんから、
「この期間も変わらず清掃にはいってくださる方に、お気持ちを差し上げませんか?」と。

もちろん、即OK🙆‍♀️🙆‍♂️

これって、金額云々ではなくて、「気配り、気遣い、心遣い」だと思います。

この事を、責任者から言ってくれたことが、ありがたかったです。

当たり前のことを、バカにせず、しっかりと出来る様にしていきたいと思います。
スクリーンショット 2018-12-30 17.32.41

合法民泊民泊の運営ノウハウを、こちらのブログで公開中
→ https://co-reception.com/all-articles/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓    
                                     

新しい年明けを、他の国で迎えてみたいですか?

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

今年も残りわずかになってきましたね。
とはいえども、旅館業での運営では年末年始は、書き入れ時でもあります。
昨日から今日から年末年始にかけて宿泊者様がチェックインをし始めています。

年明けを他の国、地域で迎えることにも感動がある訳で、まさに非日常の体験なんですね。

このあたりにも、ただ新年を迎えるだけではなくて、さらに別の体験を提供出来たらなと考えています。
謹賀新年

合法民泊民泊の運営ノウハウを、こちらのブログで公開中
→ https://co-reception.com/all-articles/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓    

                                                       

忘れていませんか?消防用設備の点検・報告

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

今年も終わりに近づいていますが、保健所の立会いや消防検査の立会いはあります。
年に一度の義務なので、初年度受けた日または2回目に受けた日が基準になりますので、一度年末に受けてしまいますと、毎年年末(迄)には検査を受けないといけなってしまいます。

ということで、消防検査の立ち会いに行ってまいりました。
もちろん、何も問題なく終了しています。この後は、消防設備士などの点検資格者の方に依頼をして、消防設備機器が正常に動くのかを点検してもらい、その結果を消防署に報告するまでが義務となります。
IMG_3747
いま京都では、防火研修や消防検査済表示制度などの推進が行なわれています。

合法民泊民泊の運営ノウハウを、こちらのブログで公開中
→ https://co-reception.com/all-articles/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓    

                                                       

怪しげな撮影会を撮影してきました

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

この写真は、何を行なっている最中だと思いますか?
IMG_2806 2
何か怪しげですよね笑
就寝時の客室の様子(客室照明を落として間接照明だけ点灯させています)を再現し撮影している状況をさらに私が撮影した写真です。
真っ暗でよく見えないのですが、カメラマンが撮った写真では良い感じ写っています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
掲載する写真を、ゲストが過ごす時間に合わせる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
まさにこの撮影会を行なっておりました。

ちなみに、奥に見える行灯もスマホだとよく見えないのですが、「映え」を狙っていますね。
IMG_2804 2


合法民泊民泊の運営ノウハウを、こちらのブログで公開中
→ https://co-reception.com/all-articles/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓    

                                   

繁忙期と閑散期があるための葛藤と悩み

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦剛士です。

「繁忙期と閑散期」これについて毎日の様に考え悩まされます…。

結論:自らで繁忙期(需要)をつくる

私たちが管理を始めた物件で旅館業が取れない物件もあります。
この場合、通常であれば、「賃貸」と考えます。
しかし、賃料で回る案件であればよいのですが、地方の様にそもそもの賃料相場が安い場合は不向きだったりします。

そこで行なってみたことが、レンタルスペースです。
掲載当初は、口コミが少ないためか、反応はさっぱりでした。一度二度と予約が入ると、年末近くになってくると問い合わせが増えました。それでも口コミは1件程度。理由を探る必要があり集計してみました。*利用者様から問い合わせ時に「利用用途(目的)」が提示されています。

年末は、パーティ利用などの集会所的な利用が多かったです。
いわゆる忘年会的なものから、長時間喋れるファミレス的な用途まで。
例えば、「東京から友人が帰省してくるので、久々に語らいたい場所を探しています」問い合わせ者:女性

宿泊まではしないものの、大勢が集まれる場所や個室空間の需要がありそうです。
この様にして、宿の閑散期に別の収入の窓口を当てはめることにより、需要を作ることが出来るのではないかと思います。

*レンタルスペースはレンタルスペース用のルールが必要なため、下記の様に利用案内などを作成する必要があります
スクリーンショット 2018-12-23 18.05.22スクリーンショット 2018-12-23 18.05.30


合法民泊民泊の運営ノウハウを、こちらのブログで公開中
→ https://co-reception.com/all-articles/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓    

                                   
ホームページ
プロフィール

合法民泊コンサルタント、三浦 剛士

旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産投資法”簡易宿所”投資を推進中!

Twitter プロフィール
旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産”簡易宿所”投資を推進!民泊・特区・Airbnb・簡易宿所・旅館業法についてつぶやきます。