教えて民泊先生!合法民泊で行う不動産投資のはじめ方

ダメ無許可民泊!合法で行なう民泊の方法をお届けします。 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

京都市宿泊税の精算方法

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

京都市では平成30年10月1日より宿泊する人を対象に宿泊税を導入することが決まりました。

どの様に徴収するのか、サイトではどの様な表記にするのかが気になっていました。
本日、じゃらんから対応方法についての連絡がありました。

・徴収方法:現地にて徴収
・サイト上の記載については現在機能を改修予定

当面は、管理会社側で下記の様な料金特記事項に宿泊税を現地で徴収する旨を記載する必要があります。

京都市条例により平成30年10月1日から1人1泊当り宿泊税(20,000円未満:200円、20,000円以上50,000円未満:500円、50,000円以上:1,000円)別途頂きます。

34


合法民泊民泊の運営ノウハウは、こちらのブログで公開中
→ https://co-reception.com/all-articles/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    

旅館業 東京都の補助金と助成金

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

以前から言われていた補助金始まりましたね(インバウンド対応力強化支援補助金)
詳細こちら→ http://www.tcvb.or.jp/jp/project/infra/welcome-foreigner.html

なお創業事業支援向けに対する助成金は、すでにあり下記の内容のように募集をしています。

・東京都にて創業予定又は創業から5年以内の中小企業者に対して、 創業期に必要な経費の一部(限度額300万円、助成率3分の2)を助成する。

旅館業での不動産投資を行なわれた方は、5年未満の方が多いと思いますので、恐らく殆どの方が対象になるのではないかと思います。
提出書類や、しっかりとした事業計画が必要になります。
しかし、旅館業運営を長期的に考えられている方にとっては、計画をあらためてまとめる機会にもなりますし、応募してみるというのも大いにありだと思います。

詳細は、こちらから→ http://www.tokyo-kosha.or.jp/station/services/sogyokassei/
54

正直、助成金を得るのは簡単ではありません…。実は、私も過去に応募したことがあるのですが、撃沈しました^^; いま思うと、まだ立ち上げたばかりだったので当時の資料を見返すと荒い(笑)まだまだ改善の余地がある資料でした。私は、まだ助成金を得られていませんが、良くも悪くも経験者なのでお困りの方はお気軽にご相談ください。

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    

正式募集開始しました〜セミナーのお知らせ 5月20日(日)

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

この度、サンワード貿易さんからセミナー講師の依頼を頂きまして、講演をすることとなりました。
38

第1部 民泊先生による合法民泊投資について
第2部 サンワード貿易さんによる通貨ペアの投資について

私からは、合法民泊の始め方や民泊新法、どの様な稼働方法が高稼働に繋がっていくのかなど、自身も運営しているからこそのリアルな話をお届けしたいと思っています。

日程: 2018年5月20日(日)
12:30開場 13:00開演 15:30終了予定 
会場:東京国際フォーラムガラス棟会議室G407号室
〒100-0005  東京都千代田区丸の内3丁目5番1号
定員:45名
参加費:無料

お申込みはこちらから→ http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/05/20_ek/

参加費無料なので、民泊にご興味ある方は是非ご参加くださいませ〜^_^

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    

合法民泊は、現地対応がとても重要です。

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

色々な宿(国内外問わず)をみて思うのは、現地対応がとても大事だということです。
これが口コミや評価にも直接繋がります。

集客あってこそのゲストであり、現地対応ですので、そこは履き違えることがないようにご注意を。
私たちの運営宿は高稼働率を誇っているので、だからこその「現地対応」の重要さを身に沁みて感じています。

京都・鹿児島の物件では、何か起こるたびに即座に対応ができていることを、現地対応してもらっている方々に本当に感謝しています。

いまの経験があるので、まずは「集客」に関しては、日本国内はもちろんのこと、海外の案件でも対応が可能となります。
逆にいえば、現地でスピードと信頼感をもって対応出来る人がいれば、どこでも・どんな場所でも合法民泊をすることが可能といえます。

空家対策・雇用創出・地方創生、これらが間違いなく出来ます。
14
合法民泊民泊の運営ノウハウは、こちらのブログで公開中
→ https://co-reception.com/all-articles/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    

合法民泊こそ地域密着した運営をしましょう。

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

私たちの運営をしている宿の主なゲストは、訪日外国人です。
しかし、最近京都ではご近所さんから宿泊希望の方をご紹介頂いております。ですので、この場合のゲストは日本人の方々となります。

これは、本当に有難いことでありまして、普段から取り組んでいる地域の方と共存をしていくということが身になっている表れなのかと思います。
FullSizeRender
合法民泊民泊の運営ノウハウは、こちらのブログで公開中
→ https://co-reception.com/all-articles/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
    
ホームページ
プロフィール

合法民泊コンサルタント、三浦 剛士

旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産投資法”簡易宿所”投資を推進中!

Twitter プロフィール
旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産”簡易宿所”投資を推進!民泊・特区・Airbnb・簡易宿所・旅館業法についてつぶやきます。