教えて民泊先生!〜合法民泊のはじめ方と運営方法〜

合法民泊のはじめ方や運営方法の情報をすべて公開中! 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

暮らすのCLASが使いたくて、家具を処分しましたw

こんにちは、民泊先生こと三浦剛士です。

ゲストハウス、民泊運営は、旅館業と言えますが、不動産投資でもあります。

投資の観点から、初期投資を抑えるということが必要です。

昔の民泊なんかは、家具家電をリサイクルショップから購入していた人は多かったですねぇ。
費用を抑えるという観点からですね。

しかし、最近は、皆さん、良い家具家電を揃えていますので、なかなかリサイクルショップで、揃えるという訳には、行きません。

私が、最近気になっているのは、流行りのサブスクリプション。これの家具家電版です。少し前には、OYOでも使用されることが発表されたので、ご存知の方もいると思います。
その名は、CLASです。

個人的にも凄く気になっています。しかし、現状ではまだ使う機会がない!これでは、やらない理由になってしまう、、、ということで、自宅のソファ一式を処分しました。廃品回収もしている義弟に連絡してすぐに取りに来てもらいました。
ということで、CLAS近日中に利用してみますよ!

スクリーンショット 2019-06-02 0.32.38



↓ ↓ 合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
 にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ

まだポケットWiFiを設置しているのですか?

こんにちは、民泊先生こと三浦剛士です。

ゲストハウス、民泊のネット環境は、どうしていますか?

あなたが大都市圏内で運営しているのであれば、ポケットWiFiは、もう不要です。

民泊が出だした頃は、インフラとしてネット環境が日本はまだ弱く、宿にはポケットWiFiを置いて、かつ固定ネットも引いておくという、二段構えをしていました。
ポケットWiFiが、宿のアメニティとして有力だったんですね。

しかし、今は(だいぶ前からですが)訪日旅行客向けに無料SIMが配られています。
だから、ポケットWiFiは、もう不要です。

訪日旅行客の無料SIMを配布しているので、WAmazingという会社です。


↓ ↓ 合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
 にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ

民泊史上初、泊まりながらアレを行なってもらいます。

こんにちは、民泊先生こと三浦剛士です。

私たちが管理している宿では、各宿にコンセプトを再設定を行なっている真っ最中です。

神宮丸太町駅が最寄りの宿は「そうだ、京都ヘ縁結び詣へ行こう〜女子会」をコンセプトとして改装をおこない運営しています。

内装デザインから、この宿限定のアメニティ設置など8割完成したところで留めていまして、せっかくなら、ただ泊まってもらうだけではなく、一緒に作り上げてもらう参加型のリノベーションとすることにしました。

その一役をペインター 大嶋玄さんに依頼させて頂きました。玄さんには、快諾して頂き、Kamon Inn Akitsukiのイメージである「紅葉の枝」を描いて頂きました。

なぜ「枝」だけなのか、紅葉🍁は描かない理由はとは⁈


それは、宿泊者様の手によって完成させて欲しいからなのです。

こちらは、民泊史上初の宿泊しながら参加型のリノベーションです。

宿泊者した方には、宿に用意してある紅葉ご自由に貼って頂きます🍁


完成形をお楽しみにお待ちくださいね🍁




↓ ↓ 合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!
 にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ

売上を寄付の一部に出来る選択肢

こんにちは、民泊先生こと三浦剛士です。

Airbnbでは、売り上げの一部を寄付可能になりました。

Airbnb Donations

その後、寄付がどのように役立てられているかも追える事ができるそうです。
これにより、寄付のハードルを下げる事ができるのとても良い取り組みですね。

このような似た寄付のような事は、今後増えていくと思います。
仕組み的にも分かりやすいですし、ハードルをさげられること、可視化できるということの組み合わせは非常に良いと思います。

実は、今進めている新規の宿でも似たようなことを検討しています🐕
AIrbnb donation



↓ 
↓ 合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!

 にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ



発信を自らの手で👏

こんにちは、民泊先生こと三浦剛士です。

運営の改善とその時の感想を教えてもらいたく、宿にはフリーノートを置いています。
こちらのノート結構な割合で書いていただけています。

しかし、反比例するかのように、ノートに書いて頂いた場合、OTAでのレビューが書かれないという状況があります(汗)。

せっかくお声がOTAで届けられないのは、勿体無いな、というのが正直思いなのです。

思いました、その書いて頂いた声を、普通に自ら発信すれば良いのだと。

これからOTAに頼らない集客を目指しているわけでもありますので、自ら発信は当然のことになります。


↓ 
↓ 合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!

 にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ



ホームページ
プロフィール

合法民泊コンサルタント、三浦 剛士

旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産投資法”簡易宿所”投資を推進中!

Twitter プロフィール