教えて民泊先生!〜合法民泊のはじめ方と運営方法〜

合法民泊のはじめ方や運営方法の情報をすべて公開中! 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

簡易宿舎取得の調査 葛飾区N様邸 2回目

こんにちは、民泊先生こと三浦剛士です。

ほぼ確定したプランを持って先ず消防署に設備確認の打ち合わせに行きました。消防の方は、かなり忙しいので事前にアポイントを取ってです。※すでに調査として訪れたのは実は2回目になります。
前の法令改正で無線機の自火報でも対応可能になった事を確認し、防火サッシへの対応の相談もして一つ対応策が生まれました。
こちらも着実に経験値が上がってきました。そしてこのレベルアップがリフォームとその費用削減につながるのです。

その後、保健所に行き作成した最新プランの平面・立面・断面図を持ち込み再相談。
が!「このプランダメね〜」と、マジかっW(`0`)W  前回の指摘を受けて練り直ししたハズなのに…。とは言えども、解決案をその場で保健所担当者交えて発見!しかも、定員数が増やせる案も頂きました、ありがとうございます(^-^)/

これにてほぼ事前調査完了の目処が立ちました。恐らく次は申請になる予定です。

民泊投資の参考になったら下2つのボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓
     
民泊・Airbnbランキングへ   







区分所有(マンション)を購入して始める事はおススメしません

こんにちは、民泊先生こと三浦剛士です。
前回の記事「民泊先生が答える!ご相談窓口」の②「区分所有(マンション)を購入して始める事はおススメしません」の答えです。

答え:管理規約が優先されるから、です。

一定の条件を満たせれば、特区民泊の認可や簡易的宿所の許可を取得する事は可能です。しかし、それでも管理規約が変更され「民泊禁止」となると、このルールが最優先される事になります。あなたは、安易に購入して始めよ〜とは考えないで下さいね。これはあなた自身が同じマンション内の住人の気持ちになってみると分かりやすいと思います。


民泊投資の参考になったら下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓
     
民泊・Airbnbランキングへ  


民泊投資セミナーin鹿児島

こんにちは、民泊先生こと三浦剛士です。

実は!本日、鹿児島にてセミナーを開催します。告知をしなかったのは開催と同時に定員になってしまったからです。

今回の主催者である元山さま(仮名)ご自身で東京にも不動産投資をされています。このようなご経験もあり、東京の不動産投資状況や最先端である民泊を同郷の方にも知って欲しいという思いで開催を決められ、その白羽の矢が私に刺さりました。

東京の不動産投資については、私がサポートしており、鹿児島と東京という距離があっても安心して貰えるよう管理運営をしっかりとやっています。

私は、民泊先生として活動を始めた理由は、「国策に則って合法で安全かつ三方良し」という意義を広めたいからでした。
そして、東京でのセミナーだけではなく、実際にこの意義に賛同してくれた元山さま(仮名)の様な方がいらして、今回のセミナー開催に繋がり裾野が広がっていく事に感動しております。

先日も金沢からセミナーに参加された方は、「合法的な民泊を広めたい。しかしAirbnbのセミナーはあるけど、簡易宿所を教えてくれる場が無かったんですよ」と。民泊先生の知名度もまだまだこれこらです。

今まで、東京と京都の行ったり来たりでしたが、わたし決意しました。私の考え・意義に賛同してくれる方がいる限りは、出来る限りどこでもセミナー参上します!

個人・法人問いません。是非、セミナーに来て民泊投資について話をして欲しい!場合は、お問い合わせフォームからご連絡下さいませ。可能な限りご要望にお応えしたいと思います。



民泊投資の参考になったら下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓
     
民泊・Airbnbランキングへ 

板垣ひろ美さん出版記念パーティーに出席しました。

こんにちは、民泊先生こと三浦剛士です。

本日は、板垣ひろ美さんの「おもてなし」不動産投資の出版記念パーティーに出席しました。

本が出せるという事は、かなり特別な事だと思います。
板垣さんも同じですが、民泊を通して簡易宿所という最先端かつ国策に則ってあるという意義があるものを広げていきたいと思い直した素晴らしいパーティーでした。

板垣さんおめでとうございます!




高橋洋子さんもご一緒に参加。


国内宿泊、初の5億泊 外国人増、都市部でホテル不足

こんにちは、民泊先生こと三浦剛士です。

2016年1月の訪日外国人数は、2015年7月を上回ったそうですね。
ただAirbnbを運営されている方の肌感覚はどうだったのでしょうか?
恐らく聞こえてくる答えは、すっごい厳しかったという声が多い気がします。人が増えたのに稼働率が上がらないという一因は、物件数の増加が挙げられます。

その中、2015年度は初の5億泊超えという記事。
以下、朝日新聞からです。

国内のホテルや旅館への2015年の年間宿泊数は前年より6・7%多い延べ5億545万泊で、過去最高を記録した。外国人の宿泊が前年の1・5倍に伸びたことが全体を押し上げた。宿泊の埋まり具合を示す「客室稼働率」は大阪府や東京都で8割を超え、大都市部のホテル不足が深刻な実態も明らかになった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160301-00000012-asahi-bus_all

何をすべきは見えています。ただし安易には考えていません。私がサポートしている新築簡易宿所は、さらにその先まで見据えて着実に着工中です。先日、上棟しました!あと数か月で完成します。


2016y03m01d_180826302


民泊投資の参考になったら下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓
  
民泊・Airbnbランキングへ 
ホームページ
プロフィール

合法民泊コンサルタント、三浦 剛士

旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産投資法”簡易宿所”投資を推進中!

Twitter プロフィール
旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産”簡易宿所”投資を推進!民泊・特区・Airbnb・簡易宿所・旅館業法についてつぶやきます。