教えて民泊先生!〜合法民泊のはじめ方と運営方法〜

合法民泊のはじめ方や運営方法の情報をすべて公開中! 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

民泊サービスと旅館業法に関するQ&A

こんにちは、民泊先生こと三浦剛士です。

厚生労働省のHPに「民泊サービスと旅館業法に関するQ&A」というページがあります
本当に基本のことばかりですが、意外にもそれらも知られておりませんの、そういう意味では大変参考になりますので、民泊にご興味があるあなたには必ずご覧いただきたいです。

一部抜粋
Q 「民泊サービス」とは、どのようなものですか。
A 法令上の定めはありませんが、住宅(戸建住宅、共同住宅等)の全部又は一部を活用して宿泊サービスを提供することを指して、「民泊サービス」ということが一般的です。

他の質問は下記アドレスより
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000111008.html#HID13

2016y04m30d_204726962


民泊投資の参考になったら下2つのボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓
     
民泊・Airbnbランキングへ    

民泊、無許可営業の取り締まりを強化へ 「規制緩和」実は高いハードル

こんにちは、民泊先生こと三浦剛士です。

■「許可」には依然、高いハードル という記事がでていました
国は、2016年4月に旅館業法を一部改正、客室の延べ床面積基準などを引き下げる規制緩和を行った
しかし、旅館業法の許可が必要なくなったわけではない。依然として、「住居専用地域」での営業はできないことや、避難経路を確保することなど、許可を得るには高いハードルが設けられている。

ハードルは高い、まさにそうなのです。
しかし、これは考え方や経験値によって解釈が違います。私からするとハードルは低くなっていますけど笑
考えによっては、参入障壁が高いまま、という風にいえますよね。
不動産投資でレッドオーシャンに突っ込む方は、殆どいないですよね。

あなたはどう考えますか?

n-MINPAKU-large570


民泊投資の参考になったら下2つのボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓
     
民泊・Airbnbランキングへ    

簡易宿所の消防のポイントを公開!

こんにちは、民泊先生こと三浦剛士です。

簡易宿所の消防のポイントを公開します!
実際は、共有すべきことだと思います。
というのも、消防検査は明確なものがないようなので、担当者によって温度差があるのです、、、(´・ω・`)
つまり厳しい検査に備えて万全の準備が必要なのです!

では、3つのポイント
・「防炎マーク」が付いているもの
・避難経路図
・懐中電灯

m_20007



民泊投資の参考になったら下2つのボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓
     
民泊・Airbnbランキングへ    

京都の中古戸建 消防署の検査が終えました!

こんにちは、民泊先生こと三浦剛士です。

京都で進行している、中古戸建のリノベ&簡易宿所。
先日、簡易宿所用リノベ完了しました。そして消防署の検査も終え適合通知書もおりました。
立ち会っていただいた行政書士さんからもいろいろとアドバイスをいただけたので、これでまたレベルアップが出来ます!

そのアドバイスの一部を公開!・・・は、また明日。

次はGW明けに、いよいよ保健所の検査です!

BlogPaint


民泊投資の参考になったら下2つのボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓
     
民泊・Airbnbランキングへ    

民泊、無許可営業…700組から1200万円か

こんにちは、民泊先生こと三浦剛士です。

どこがで誰かがコメントしていましたが、見せしめ感があるとのこと。もうちょっと経緯も知りたいところです。

以下記事メールです。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160426-OYT1T50053.html?from=yartcl_blist


民泊投資の参考になったら下2つのボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓
     
民泊・Airbnbランキングへ    






ホームページ
プロフィール

合法民泊コンサルタント、三浦 剛士

旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産投資法”簡易宿所”投資を推進中!

Twitter プロフィール
旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産”簡易宿所”投資を推進!民泊・特区・Airbnb・簡易宿所・旅館業法についてつぶやきます。