教えて民泊先生!〜合法民泊のはじめ方と運営方法〜

合法民泊のはじめ方や運営方法の情報をすべて公開中! 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

京都探訪、、、している場合ではなく物件調査

こんにちは、民泊先生こと三浦です。

京都に来ています。
予定よりも早目に着くようにしていたので、大工さんへのお土産を持って早速工事の進捗状況を確認しに行ってきました。
感想は、思ったより進んでいない?;^_^A やはり京都タイム、、、あるのかもしれません。

折角なので近隣を歩き回ってみました。
三条大橋より。
京極の商店街
七条大橋より。

なんと、この近くに"町家"付きの売り物件が出たと行きしの新幹線内で連絡を受けていたので、現地確認してきました。スペックは、最寄駅から徒歩4分のみならず京都駅までも徒歩圏内という超好立地! ※昨日のブログの話とは、また別の物件です。

まだ出回っていない情報という事で、詳細が書けないのは残念なのですが、そこはご了承下さい。
勿体ぶる訳ではないので、興味がある方は、お問い合わせフォームからメール下さい。→こちらから 
そのような事情の為、写真をだいぶ加工していることをご了承下さいませm(__)m

本来の目的の物件調査の内容は次回、と今日はなかなか素晴らしい不動産屋 社長さんと出会えました。この話もまた次回。


↓民泊投資の参考になったら下のボタンをクリックして下さい。
  
民泊・Airbnbランキングへ 

着工! 京都の新築案件

こんにちは、民泊先生こと三浦剛士です。

先日の話になります。京都でサポートしている新築物件の建築確認が2棟分すでにおりました。これを皮切りに、今月以降順次12棟の新築工事が始まります。先の2棟は、着工済みです(後述)。

BlogPaintBlogPaint                              ↑証拠の建築確認済証。簡易宿所と新築の記載         ↑京都や観光地に係る「景観法」の認定書
                                            
一応、旅館業の許可証が出るのは、完成後の検査が入ったあとになります。
しかし建築確認申請の時点から旅館業申請も平行して行っていましたので、建築確認がおりたという事は旅館業が取得出来たのとほぼ同じ事なのです!という事で、ほっと一安心(^^)bGood!
BlogPaint
↑旅館業施設計画承認通知書

京都という距離もあるため、建築にあたって一級設計士さんの他、第三者機関にも検査の協力を得ています。
2016y02m20d_1843144882016y02m20d_184303137
       この様な感じで1㎜ピッチでの厳しい検査が入ります。ある意味、工務店泣かせ??
大家さんの為を思うと良い意味で徹底的にやる事をやって、不動産投資というマラソンを走り続ける為に万全に準備をしています!

という事で、私は急遽明日京都へ行きます。
工事の進捗状況確認と、、、何やら新しい物件情報が入ったとの事なので、現地確認と旅館業が取得出来るプランが入るかを確認に行って参ります。


民泊投資の参考になったら下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓
 
民泊・Airbnbランキングへ

2/13(土)「民泊での合法的成功例教えます」セミナー後記

こんにちは、民泊先生こと三浦剛士です。

2部に分けて「民泊」の最新状況をお伝えしました。
前半は、Airbnbで起きた本当にあった怖い話。ゲストのトラブル云々の話は巷に転がっていますが、それ以外の話ってなかなか聞きませんよね?近隣トラブルなど所有者・運営者さんの背筋が凍る話を。

トラブルの結果:Airbnbの運用撤退、閉鎖に追い込まれてたそうです。中には、開始してまだ2ヶ月も経っていないという場合もありました。近隣トラブルは精神的に参ってしまうと思います。それこそも撥ね退ける覚悟がある場合は、本業を辞めて運営に集中すると良いと思います。

後半は、合法的に成功する具体的な方法をお話させて頂きました。
何よりも、適法にする・許可取得するなど、法に則って行えることは、息が長い活動が出来る事を指します。また今すぐにそれらが出来なかったとしても、心の拠り所・安堵感は全く違うのではないでしょうか?

セミナー週間3/5回目

BlogPaint


ブログ応援のために下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓
 
民泊・Airbnbランキングへ

簡易宿所 調査:千葉市F様邸 第1回

こんにちは、民泊先生こと三浦剛士です。

昨日の話になります。朝から千葉市保健所に出向いておりました。
というのも、千葉市某所での案件にて賃貸併用住宅ならぬ簡易宿所併用住宅の新築計画を進めています。
(??)となりますよね。これが可能なのかを調査しに行っていたという訳です。
保健所→役所→消防署と廻ってきました。千葉市の人は、みんな優しいイイ人ばかりでした(笑)

結論:簡易宿所併用住宅は可能!
すいません、また新しい方法が出来てしまいました。

ただ私のサポート範疇は、基本は”東京”と”京都”で且つ立地重視。

なぜ今回の場所をサポートしているのか?それは、
1.旅館業が取れれば、一定の宿泊者需要が見込める場所(エリア)だった。
2.オーナー様がすでに〇〇業者から3億円も掛かる建物(RCの1ルーム)を、建築する事を勧められていたから。

主な理由は、2です。このご時世に1ルームは無謀過ぎます!しかも3億。ローンを背負うのはオーナーさんです、業者ではありません。
不動産投資は、自己責任の世界です。最終的には、オーナーさまが選ぶ事です。しかし、国策に則ってかつ合法に出来て、集客も出来る事があるからには、知ってほしくサポートをしています。

IMG_3404

やはり自治体によって基準にバラつきがありますね~。消防署の方々には「最先端ですね!合法で頑張って下さい」と励まし(?)を頂き、Airbnbの取り締まりを強化していく、という情報も得ました。


ブログ応援のために下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓
 
民泊・Airbnbランキングへ

雑誌「家主と地主」(2016年3月)に簡易宿所専門家として紹介いただきました

こんにちは、民泊先生こと三浦剛士です。

賃貸不動産オーナー向け経営情報誌「家主と地主」(全国賃貸住宅新聞社)(2016年3月号)に、簡易宿所専門家として巻頭「業界トレンド最前線TOPICS」のコーナーに掲載いただきました!

家主と地主 2016年 03 月号 [雑誌]
家主と地主 2016年 03 月号 [雑誌]
ビジネスチャンス
2016-02-15


「家主と地主」は、これから不動産投資を始めて、大家さんになろうという方は必読です。もちろん、まだ大家さんではな方にも最新情報が掲載されていますので、本当にビギナーから上級オーナーまで幅広く網羅できますよ。

業界最前線の中の錚々たるTOPICSの一つとして紹介頂き、感無量です(^O^)
Airbnbを行なっている人は、是非読んで興味を持って頂きたいです。現状での民泊投資、頭一つ飛び抜けれる方法ですよ。
私が行っているこの活動は、間違いなく最先端。
し、か、も、安全かつ合法で国策にも則っているという。

本当の三方良しの不動産投資が今までにあったでしょうか!?

IMG_3400IMG_3398

また中盤の「家主の会 近況レポート」には、1/24に私も講師を務めた「おもてなしセミナー」も取り上げて頂いておりました。こちらも必読です。民泊のトラブルは怖いですからね~。

IMG_3401

ブログ応援のために下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓
 
民泊・Airbnbランキングへ

ホームページ
プロフィール

合法民泊コンサルタント、三浦 剛士

旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産投資法”簡易宿所”投資を推進中!

Twitter プロフィール
旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産”簡易宿所”投資を推進!民泊・特区・Airbnb・簡易宿所・旅館業法についてつぶやきます。