教えて民泊先生!〜合法民泊のはじめ方と運営方法〜

合法民泊のはじめ方や運営方法の情報をすべて公開中! 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

地域のもっと良いとこ紹介したい!

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

こちらは、家紋イン東寺東に隣接して営業しているBarでの風景です。
もちろん宿泊ゲストも来てくれております。
スクリーンショット 2018-11-20 9.41.36
ここで店主(ママ)をやるのは、私たちや、代理ママ。
飲みに来てくれるのは、宿泊者、近所の方、訪日外国人と触れ合いたい人。

特に「訪日外国人と触れ合いたい人」達がとても大事です。この方々しか知らないような京都の情報があったりします。
それで、そういう情報を提供する場を探されていたりします。「地域の京都のもっとええとこ紹介したい!」というお気持ちで行動されているんです、素晴らしい(^o^)/ 

私たちとしても、宿泊者さんに対してネットや情報誌にないような体験や情報を提供していと思っているので、まさに相思相愛状態です笑

これに更に一歩踏み込んだ場を作っていくことに決めました。
またご報告いたします〜


合法民泊の運営ノウハウは、こちらのブログで公開中
→ https://co-reception.com/all-articles/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!

    

ホテル・旅館の客室数が全国一少ない場所は・・・

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

ホテル・旅館の客室数が全国一少ない場所は・・・

答え:奈良県

何か結構意外だと思いませんか?少ないということは、知っていたのですが、全国最下位なのです。

しかし、奈良の訪日外国人は確実に増えています。

奈良県の報告によると
昨年1年間の奈良県内の宿泊者数は280万2060人で、前年比7万5770人(2・8%)増
宿泊客のうち訪日外国客は33万4463人(前年比5・4%増)で、ホテル利用者が72・6%

厚生労働省のまとめによると
奈良県内のホテル数は66で前年度末比3増え、客室数も同549室増えた
旅館数は同2減り、客室数も同42減った
簡易宿所の施設数は同27増の328

奈良では、奈良を盛り上げたい!という方々がおられます。最近お会いした方もそのお一人でした。どこでも同じですが、ただ宿泊を提供するだけではなく、周りをも一緒に巻き込んで全員が当事者として営める環境を作ることが大事になってくると思っています。

奈良県開業マニュアル


合法民泊民泊の運営ノウハウを、こちらのブログで公開中
→ https://co-reception.com/all-articles/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓    

                                                       

年に一度の消防報告を忘れずに。

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

年一度は、消防設備の定期検査をおこない所轄の消防署へ報告する必要があります。
BlogPaint
東京だと、この様な書類が所有者の元へ届きますので、忘れていた場合は、届き次第対応してください。
京都だと、直接消防署から電話が所有者に掛かってきます(驚かないでくださいね)。

なお旅館業の場合、ほとんどの施設おいて「無線式、連動型自動火災報知設備」が付いています。
これら設置と点検は、資格ある者(消防設備士または消防設備点検資格者)でしか対応出来ません。点検時には、設置した時の方に再依頼するのがベストです。


合法民泊民泊の運営ノウハウを、こちらのブログで公開中
→ https://co-reception.com/all-articles/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓    

                                                       

Googleで全てが完結する時代になる!?

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

結論:宿泊業でもGoogleビジネスは必須になる

Google検索で「京都 ホテル」と入力すると、ホテルがズラーと出てきます。
空き状況から料金までもが分かるようになっています。レビューも付いていますね。

Googleは、さらに進化して、各OTAに飛ぶこと無くGoogle上で予約から支払までを完結できる「Book on Google」というサービスを、アメリカ・イギリス限定でおこなっています。このサービスは、この先、日本でも利用出来るようになると思います。

何事もGoogleだけで済んでしまう時期が迫っているかもしれません。


Google でホテルを予約する
Google でホテルを検索して予約するホテルを選択する際、Google 以外のサイトにアクセスしなくても予約手続きを完了できることがあります。Google アカウントに保存されている連絡先情報と支払い情報を使用して、予約をすばやく完了できます。

IMG_01AC5E5DA66A-1

IMG_84429157343A-1


合法民泊の運営ノウハウは、こちらのブログで公開中
→ https://co-reception.com/all-articles/

↓合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!

    

【注意】ねっぱんとAirbnb連携、民泊は連携対象外です

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

サイトコントローラーといえば、手間いらず・ねっぱん、そしてbesd24です。

先日、ねっぱん!がAirbnbとの連携を発表しました。
ただし、ねっぱんとAirbnbが連携できる宿泊施設は限りがあります

連携(掲載)可能な物:旅館、町屋、ゲストハウスなど

連携対象外:特区民泊、住宅宿泊事業法の施設、チェーンホテル、ビジネスホテル、カプセルホテル

民泊新法で複数のOTAに掲載するときには、サイトコントローラーを利用すべきです。
その際に、月額費用を抑えるべく「ねっぱん」の利用を検討するかと思いますが、上記の理由からも相性が合わないことが明確です。ということで、

結論:Airbnbとの連携は、Beds24が有利!

*あくまでもねっぱんとAirbnbを連携する場合ですので、サイトコントローラーを使わない〜となれば、かなり手間は増えますが、各々単独での掲載は可能です。

スクリーンショット 2018-10-15 13.07.19
44052490_563385360765978_2090132876682067968_n
*iCalについて: この機能があると「掃除業者とグーグルカレンダーを共有する」というようなことができるようになります。


民泊用のサイトコントローラーといえばBeds24特徴はこちらから。いまなら無料体験を提供中です。
→ https://co-reception.com/beds24/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします

    
ホームページ
プロフィール

合法民泊コンサルタント、三浦 剛士

旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産投資法”簡易宿所”投資を推進中!

Twitter プロフィール
旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産”簡易宿所”投資を推進!民泊・特区・Airbnb・簡易宿所・旅館業法についてつぶやきます。