教えて民泊先生!合法民泊で行う不動産投資のはじめ方

ダメ無許可民泊!合法で行なう民泊の方法をお届けします。 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

京都で全国初の営業停止の緊急命令の報道をみて思ふこと

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

先日、京都で旅館業改正後「全国初の営業停止の緊急命令」が出されました。
これ以前にも京都では違法施設の摘発がありました。

この様な摘発で淘汰されていくのかと思いますが、下記のようなことだけが無いように民泊仲介サイトにも徹底して頂きたいと思います。

「改正法施行後、観光庁は民泊仲介サイトの運営者に違法物件の削除を要請し、この民泊も削除されたが、架空の許可番号を使って再掲載されていたという。」

各サイトも1件づつ調べるには相当な労力が必要なため、また性善説に則って行っているからこそ、ここにつけ込まれているのかと思います。
以前の記事にも書きましたが、そのお蔭で正当にやっている宿の掲載がスムースに行かないということが、私たちの宿では起きているので、良い迷惑なんです…(T_T)

摘発の記事などを見ると毎回思う疑問があります。それについては、また次回に書いてみたいと思います。
京都市民泊通報


合法民泊民泊の運営ノウハウを、こちらのブログで公開中
→ https://co-reception.com/all-articles/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓    
                                                       

旅館業の周辺産業〜施設外玄関帳場代行業〜

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

京都市では6/15に旅館業に関する条例改正があり、許可取得の要件が厳しくなりました。その中でも特に周りが困っているのが、「宿内に常駐する又は駆けつけ要件(徒歩)おおむね10分」ですね。

この要件は、新規開業の場合にはもちろんのこと、既存の宿全て該当します。いまのところ延命措置として、2020年3月31日までに適用させよ。ということになっています。

そんな中、一部では以前からあったのですが、「施設外玄関帳場代行」業務を始めた会社がチラホラでてきました。運営会社宛てに怒涛のDM攻撃が行われている最中ですね、無論、私たちの元にも届きました\(^o^)/

良いとは思うのですが、小規模の宿泊施設を運営しているところにとっては、固定費が増えるのはかなり辛いのではと思います。ただそれにしか頼らざるしかなくなるかもしれなのも事実です。

私たちの宿でも、施設外帳場代行の受け入れを出来る環境に整えています。ということで、時期が来たら周辺で困っている他宿のオーナー様のサポートを開始したいと思っています。
ですが、ただ「帳場代行」するだけでは、他との差別化にならないため、私たちはそこに「+@(体験やなど〜」も同時に提供していこうと考えています。


BlogPaint



合法民泊民泊の運営ノウハウを、こちらのブログで公開中
→ https://co-reception.com/all-articles/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓    

                                     

旅行者の方々に、「いま」起きていることを伝えたい!

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

前の週末は、東京では各地でお祭りがあったかと思います。
事務所の近所や住まいの近所では、お神輿や山車が出て近くの神社では屋台も沢山出ており盛り上がっておりました。
IMG_2114

訪日外国人もいるかな〜と思ったのですが、皆無でした・ω・
それは、そうですよね、観光客を対象として行っている訳ではありませんから。

ただ逆をいえば、観光客(訪日、日本人問わず)の方が宿泊した時に、近くにこの様なイベントがあることを知れたら嬉しいのではないかと思いました。ということで、上手くSNSを使い「今」しか出来ない体験の前触れを伝えられるようにしていきたいと思います。


合法民泊民泊の運営ノウハウを、こちらのブログで公開中
→ https://co-reception.com/all-articles/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓    

                                     

旅館業・民泊運営の効率化、○○レスシリーズ 〜ペーパーレス編 その2〜

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

前回の記事からの続きです。

結論:ペーパーレスへの移行はできるところから徐々に実施する。

ペーパーレスに向けて具体策です、下記の表をご覧ください。

41661471_328739424569998_3407106167602675712_n
クラウドサービスを効果的に利用すること、領収書代行サービスを利用する、キャッシュレスにするなどを用いることでペーパーレス化が実現可能です。

パスポートの控えの取り方なんてのは、分かりやすいと思います。
私たちも以前はコピーをして紙で保管していましたが、紛失の恐れもありますし、何よりも後から探しづらいです。
その後、スキャンしてクラウドに保管に切り替えたのですが、スキャンするならIpadやスマホで撮って保管でも変わらないことに気付き更に変更しました。

新しい試みは、浸透させるまで時間が掛かるというのも事実です。人は変化に抵抗はあるものです、しかし長期的にみればスタッフさんの手間が減り、時間効率も上がりますのでメリットは多いですので、ぜひ試みてください。


民泊用のサイトコントローラーといえばBeds24。いまなら無料体験を提供中です。
→ https://co-reception.com/beds24/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします
    

旅館業・民泊運営の効率化、○○レスシリーズ 〜ペーパーレス編 その1〜

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

私たちの宿では、キャッシュレス化を進めています。
いまは並行して業務の簡素・効率化を進めているところです。今回は、ペーパーレス運営についてです。

結論:ペーパーレスへの移行はできるとこから実施

メリット、デメリットを表にまとめてみました。
41767676_250455548950762_7437596107728748544_n
メリットからも分かる通り、管理の手間がなくなり効率化します。
たとえば、紙の資料を探す時間などを思い出してもらうと分かりやすいかと思います。探している時間って、凄く無駄です。これをデータ化することで、検索を簡単にし時間を短縮するといった具合です。

キャッシュレスの時と同様なのですが、作業に係る時間を減らすことによって、その時間をお客様に向けていくことが目的です。

それでは、明日は具体策をお伝えしていきますね。


民泊用のサイトコントローラーといえばBeds24。いまなら無料体験を提供中です。
→ https://co-reception.com/beds24/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします
    
ホームページ
プロフィール

合法民泊コンサルタント、三浦 剛士

旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産投資法”簡易宿所”投資を推進中!

Twitter プロフィール
旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産”簡易宿所”投資を推進!民泊・特区・Airbnb・簡易宿所・旅館業法についてつぶやきます。