教えて民泊先生!合法民泊で行う不動産投資のはじめ方

ダメ無許可民泊!合法で行なう民泊の方法をお届けします。 合法民泊コンサルタント 三浦剛士のブログ                                        

TSUTAYAでも鍵の引き渡しが可能に!

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦剛士です。

Airbnbの鍵受け渡し代行サービスがTSUTAYA・蔦屋書店(1部の店舗)で出来るようになりました。
この両者が提携したのは過去にご紹介致しました。
その提携内容が、「鍵受け渡し代行サービス」というわけでした。
それ以外にも、店舗によってはウェルカムドリンクのサービスや荷物の預かりサービスもあるそうです。

Airbnbのホストさんにとっては、朗報ですね!

ただし運営は、合法でお願いしますm(_ _)m

詳細はこちらのサイトから→http://tsite.jp/r/cpn/airbnb/host/check-in-service.html
07


運営ノウハウをこちらで公開中
 ! 
→ https://co-reception.com/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓     
    

Cloudbedsの詳細です 〜20部屋以上の部屋の施設の方向けのサイトコントローラーを販売開始します〜最終回〜

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦剛士です。

前回の続きです、前回の記事はこちら

Cloudbedsの価格と特徴を以下に述べますと、

【価格】 
英語サイトですが、こちらから定価の自動計算が可能です。最低価格は8,000円程度からです。正規販売代理店の弊社を通じての契約ですと、定価の15%引で毎月ご利用になれます。

【Cloudbedsの3大特徴】
売上、稼働率などの豊富な分析ツール サイトコントローラー機能 美しいデザインのPMSによる優れた自社サイト向け予約システム

【ご留意事項】
接続OTA:現在、サイトコントローラーは、楽天トラベル、じゃらんに未接続です。Booking.comやエクスペディアなどの海外の大手OTAには接続されています。

(さらに詳細知りたい場合は、こちらの紹介動画をご参照下さい)


お問い合わせはこちらからどうぞ。→お問い合わせ

運営ノウハウをこちらで公開中 ! 
→ https://co-reception.com/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓     
    

20部屋以上の部屋の施設の方向けのサイトコントローラーを販売開始します〜その1〜

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦剛士です。

前回、Beds24の販売をお知らせ致しました。
Beds24に関しては、1~19部屋(もしくは1~19ベッド)までの小規模物件を管理している方向けとなっています。

今回、お問い合わせで「20部屋以上を管理している場合はどうしたら良いですか??」と頂きました。

ということで解決スべく、「Cloudbeds」サイトコントローラー&PMSの販売を開始致します。
このサイトコントローラーは、目安として20部屋(ドミトリーなら20ベッド)以上の規模を管理し、販路に関しては、Booking.comなどのOTAに加えて、更に自社サイトの充実を求める施設様向けとなります。

まずは、こちらの紹介動画を御覧ください。


価格などの詳細は、次回に公開致します。
すぐにでも知りたいという方はこちらからお申込みください。→お問い合わせ

運営ノウハウをこちらで公開中 ! 
→ https://co-reception.com/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓     
    

あの日本法令から民泊用の商品が発売

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦剛士です。

合法民泊の解禁まで段々と迫ってきました。
そんな中、日本法令から「民泊用客室案内セット*5ヶ国語対応」が発売になります。

むかしから不動産業界にいた方からすると、日本法令には契約書関係でお世話になったはずです。
14.5年前は、契約書手書きでしたからね^^;

さらに民泊新法の「届出様式集」も発売予定とのことです。
書式関係は、自治体からも出されるかもしれませんが、分かりやすいのは日本法令のものになるのではと思います。

日本法令のサイトはこちらから→http://www.horei.co.jp/minpaku/
31



運営ノウハウをこちらで公開中 ! 
→ https://co-reception.com/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓     
    

防災機器の説明を受けました

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦剛士です。

本日、大型リフォーム簡易宿所で、防災設備屋さんから防災設備機器の説明を受け、人生で初めてこれを押しました笑
Proprietary-type_fire_alarm_manual_call_point
結構強く押さないといけないんです^^;

当物件は、3階建てで延床面積が330平米をこえるという規模が大きい物件のため、各階に火災報知器の設置が必要となりました。
簡易宿所併用住宅なのですが、くくりはビルディングになります。
そのため、居室部分はもちろんのこと、住宅部分の戸が付いている全て収納(押入れ・クローゼット)内にも自動火災報知機(略して自火報)が設置されています。
戸が付いているから設置しなくてはならなかったのです、、、。戸がなければ、、、。


IMG_0971


運営ノウハウをこちらで公開中 ! 
→ https://co-reception.com/

合法民泊への応援に2つのボタンをクリックお願いします!↓     
    
ホームページ
プロフィール
Twitter プロフィール
旅館業を取得し且つ国策の空き家・空き室問題、インバウンド政策(観光立国)の両方にも合致した新不動産”簡易宿所”投資を推進!民泊・特区・Airbnb・簡易宿所・旅館業法についてつぶやきます。